Top Page › その他のバイク・クルマ › CBR250R その6

2011 · 03 · 07 (Mon) 21:32

CBR250R その6

奥只見 キャンプ?ツーリング  (88.7.9-10) その2
 
イメージ 1
ご主人と旅のこと、バイクのこと、いろいろお話をして、人生勉強になりました。
 
 ← クアハウスのご主人と
 
翌日、ご主人にお礼を申し上げ出発です。<(_ _)>
 
ご主人のアドバイスで、鳩待峠を通らず、一度小出まで戻り、只見線にそって山を越えることにしました。
 
 
 
 
 
イメージ 2
今日は、朝から雨です。道路はきれいに舗装されていますが、滑りやすいですね。ヘルメットのシールドにも、雨粒がたくさんついて視界が悪いです。
 
             入広瀬村付近にて →
              (積荷の確認です)
 
雨の日のツーリングも貴重な経験だと思います。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 ← 入広瀬村付近にて
    (只見線の鉄橋です)
 
夕べの雨で、激流になっています。野宿していたら大変なことになっていたと、反省します。
 
只見の町に入ってからお昼ご飯を食べて、帰路のコースを検討。
 
会津田島→今市→高速→浦和が順当かなと進路を南へむけて走り出す。
 
 
イメージ 4
途中、「青空」が見えました。一人のきままな旅。青い空の方にハンドルを向けてしまいました。
 
「ああ、なんて空がまぶしいんだ」 と感激です。
 
       日塩もみじライン付近にて →
 
 
コース変更、竜王峡から日塩もみじラインへ入り塩原~高速~浦和に変更です。
 
これから、天気が良くなるのかな~。と期待しつつ峠を越えると、・・・・・・
 
 
イメージ 5
期待通りに 「青空」 ということは無かったですね。(^_^;)
 
 ← 塩原温泉です。
 
ここは、大きな温泉街で、クアハウスもあるのですが、次の機会にして帰りを急ぎました。
 
といっても、用事があるわけでもなく、高速を使わず、下道で行こう・・・・・お金の節約です。(^_^;)
 
 
 
 
帰りに、友人の家によって、お土産を渡し、晩ご飯を食べながら、バイク談義等などして帰ってきました。
 
今回の野宿は無理があってできなかったけれども、旅先でのあたたかい人情に恵まれて得るものがたくさんありました。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>
関連記事

Comments







非公開コメント