Top Page › その他のバイク・クルマ › CBR250FOUR その18

2011 · 02 · 28 (Mon) 00:08

CBR250FOUR その18

箱根・富士山キャンプツーリング (87.12.30-31) その5
 
河口湖のコンビニで一休みです。
自分の性格?か、キャンプ場よりコンビニの駐車場の方が落ち着きます。 (^_^;)
 
イメージ 1
 
 
 ← 河口湖付近のコンビニにて
 
今日で87年も終わり、明日から新年です。年越しは、自宅で過ごしたいですね。等の気持ちが脳裏をよぎり始めました。
 
しかし、高速道路を使って帰るのももったいないような気がしたので、道志村~相模湖~八王子~立川~所沢~浦和のコースで帰る計画を立てました。(せっかくなので、初めて通る道を2ポイントほど含めました。)
 
 
 
イメージ 2
富士山を背中に山中湖から、道志村、相模湖へ抜ける道に入りました。
 
 
    途中で、積荷の積載状態チェック。 →
      (こんな感じで、走ってました。)
 
国道413号線は、けっこう気持ちよく走れました。大晦日ということもあり、クルマやバイクとすれ違うことも少なく、何かあったときのレスキューを考えると、「大丈夫か?」と不安になります。
(ツーリングマップには、抜け道扱いの表示が・・・)
 
 
「やっぱり、高速道路を使った方が良かったかな。」 と、少し後悔をし始めました。(汗)
 
 
イメージ 3
 
道志ダムまでのんびり走っていたので、けっこう時間を掛けてしまいました。というか、思ったより距離がありました。
 
 ← 道志湖の風景(道志ダムにて)
 
ダムについたころには、西の空が、だいぶ色づいてきて、少し焦りました。(オイオイ、紅白は家でのんびり見ようと思ったのでは・・・・ 汗)
 
「あと、どれくらいで相模湖までつくのかな。」 などと考えていると、気持ちがテンパってきましたが、
「急いで、どうするの? ケガしたら、どうするの?」 ともう一人の自分が出てきて、安全運転を心がけて相模湖まで向かいました。
 
(独身だからって、事故してケガしたら、自分だけの問題でなくなりますよね。・・・・・・・・翌日、身にしみてわかりました。)
 
 
相模湖に着いたときは、まだ空も多少明るかったので高速を使わないで下道を行くことにしました。国道20号・大垂水峠を通って高尾駅前へ。もう、空は真っ暗です。自宅へ無事の連絡を入れ (携帯電話などありません。公衆電話です。) 小休止。大晦日なので、駅前商店も早々と店じまいですね。シャッターを閉める音が聞こえるとちょっとアセります。
 
ここからは、八王子~立川~所沢~浦和ルートで自宅に帰りました。(到着は10pmくらいだったかな?)
 
今では、遠い昔の思い出でした。<(_ _)>
 
 
関連記事

最終更新日 : 2019-09-02

Comments







非公開コメント