リアブレーキキャリパーのオーバーホール

久しぶりに時間を掛けたバイクいじり

この日はリアのブレーキチャリパーの
オーバーホールをしました。

イメージ 1

ブラックバードくんのリアブレーキキャリパーは
リアタイヤを外さないと外せないのです。

余談ですが、2本出しマフラーが噴射孔に見えてきて
空中を滑空できるエアーバイクを想像すると楽しくなります。

汚れたリアタイヤ・・・日頃の掃除を怠けているのがバレバレ(笑)
イメージ 2

タイヤ重いです。
夜勤明けの体にはキツイ (>_<)

イメージ 3

ブレーキホースを外して、やっとここまで来ました。
汗、ダラダラです。

イメージ 4

先日、目玉クリップを加工したオイルラインのストッパーを
使おうとしましたが・・・

イメージ 5

これ、シリコンゴムの栓です。


イメージ 6

直に、バンジョーの穴に差し込んでおしまい。

結局、自作のストッパーは使わずじまいでした。(^-^;)


さて、煙が出たキャリパーを分解していきます。

イメージ 7

キャリパーピストンプライヤーを使って、ゆっくり引き出します。


ブレーキピストンとご対面 !(^^)!

イメージ 8

クリーナーとウエスで汚れを綺麗に拭き取ります。
焼け溶けたOリングの一部がこびりついているかと
予想していたのですが、付いていませんでした。

その代わり、熱で綺麗な金色に変色していました。

イメージ 9

Oリングも外して、シリンダー内もクリーンにしました。

Oリングは焼けていたり、変質していないなぁ。
おいらの目には、新品と変わり有りませんでした。

あの煙とニオイはどこから出たんだろう?
煙の出た場所から、キャリパーのダストシールが
焼けたと予想していたのに・・・外れました。 orz

余計なことをやっちまったなぁと半分思いつつ組み立て・・・
綺麗になったし、勉強になったからいいかな。(^-^)


イメージ 10

リアブレーキキャリパーのオーバーホール終了!
ブレーキパッドも新しいものに取り替えました。

しかし、リアタイヤを元に戻すのが一番きつかったなぁ (>_<)

体力の限界が近づいてきたのでフロントは翌日に。

・・・

今日は関東の梅雨明けが発表になりましたね。
気温が高くならないうちに作業開始。

フロントブレーキキャリパーはタイヤを外さなくても
外せるので楽かと思っていたら・・・

イメージ 11

ブラックバードくん、複雑で結構手間がかかるのね。orz

コチラは分解しないで、掃除と油の塗布で済まします。
何でもないのに余計なことをすると痛い目に合いますからね。

イメージ 12

ブレーキレバーを握ると両端のピストンだけが飛び出してきます。
真ん中のピストンはブレーキペダルと連動しています。

ピストンの掃除・キズの有無を確認し、油を差し、
新しいブレーキパッドを組み込んで終了。

同様に右フロントブレーキキャリパーも行いました。 (^_^)v


その後、お約束のブレーキフルードのエア抜き・交換です。

イメージ 13

1年前に取り替えたブレーキフルード。

まるで、緑茶のように変色していました。


これで、ブレーキ関係は、しばらく大丈夫でしょう。(^O^)v


次回に続く


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

Doraさん、こんばんは。
バードくん、重いけれどデザイン的には二本出しオリジナルマフラーが好きです。(^O^)

No title

ひらさん、こんばんは。
ブレーキペダルを踏んで、右フロント中央→左フロント中央→リア後ろ→リア中央の順でエア抜きをしました。

左フロント中央からのエア抜きは2人で作業をした方がラクです。(^O^)
(1人でもできますが、アクロバティックな作業になります・・・orz)

No title

(((*≧艸≦)ププッ・・確かにタイヤの無いバードくん←飛びそうだわ(*≧▽≦)/)))

No title

Doraさん、こんばんは。
漫画の世界なら、タイヤの無いバイクってありですよね!
道なき道や川、湖水の上を走ってみたいです。(^O^)

ホイル・・・似てますね。単純だから飽きないです。(^O^)v

No title

暑い中お疲れ様です
コンビブレーキは結構面倒ですよね

リアのフロント連動の油圧ライン、エア抜きってどうやってます?
複雑すぎてわからないんです

No title

おお・・・カッケー(人´ з`*)♪

ホイル形状似てますね(*`▽´*)v