クーラント交換

今日はブラックバードくんのクーラント交換をしました。(^O^)

サイドカウルを外してからラジエーターキャップを外します。
イメージ 1

ドレンボルトから古いクーラントを抜いて・・・

イメージ 2

オイルみたいな汚れが目に見えませんでした。
4年間、いい仕事をしましたね。

抜き終わったら、新しいクーラントを上のキャップから入れます。

基本的にはオイル交換と同じ要領ですが、
リザーブタンクもあるのでそちらも作業します。 (^-^)

小一時間、汗をかきながらの作業でした。


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

Doraさん、こんばんは。

軽く触れて逝っちゃった・・・劣化が進んでいたのでしょうか?
ツーリングの前に分かって交換できたから安心ですね。(^O^)v

No title

実は入院してた時にジャーマネが燃料ホースを交換中にラジエターホースに軽く触れたらしいんです

↑・・そしたらクーラントホースも逝っちゃったらしく、交換部品が追加となりました( ;∀;)